2013年09月09日

つれづれなる散文 その21

2年前から勉強している中国語が、まだまだなのですが、一応、筆談を交えながらですが、台湾や中国の仕入先の経営者と友達として付き合える水準にまで達しました。
そこで、今年のお盆から、韓国語に挑戦しています。
韓国は地理的にも近く、言葉の文法も日本語と類似しているということなのですが、何せ文字が・・・。
訪れても、ハングル文字が読めないと、何が何だかさっぱりわかりません。
結局、日本語の通じる日本人の定番コースしか楽しめません。
街中の韓国人はまず日本語を話しません。
今後は、日本語よりも中国語の人気の方が高くなると思われます。
日本統治時代に教育を受けた世代の子供世代は、少しは日本語を理解するかも知れません。
でも、これからは、その孫世代、ひ孫世代の時代です。
中国の経済成長の影響もあって、今後は日本語の通じるお店も減っていくことでしょう。
韓国のメーカさんは、若干、台湾よりも価格的に高いと感じますが、訪韓コストは、訪台コストよりも優位です。
韓国も経営者はほとんど英語を話しません。
結局、社員さんの英語を経由してのコミュニケーションになります。
無論、相手方の経営者とさしで食事というわけにもいきません。
それでは、交渉もうまく行きません、。
当方が、相手方の言葉で話しかけると、思っていた以上に喜んでくれます。
アジアでは、英語のみでは決して十分ではありません。
外国の方が、日本の地方都市で、英語で道を尋ねます。
どれだけ有効でしょうか。
恐らく、警察官もあまり対応できないのではないでしょうか。
首都圏の新幹線窓口やホテルでは英語で用を足せるかも知れません。
でも、新幹線停車駅以外、もしくは、地方都市の窓口では、結構混乱するかも知れませんね。

アジアで現地に深く潜り込むには、現地の言葉が必要です。

今は、ハングルの文字を何とか覚えて、単語を覚えています。
中国語よりも、覚えるのは難しいですね。
ハングル文字を見て、もしくは韓国語を聞いて、その単語をしっかり認識するには、相当の努力が必要だと思います。
でも、勉強すれば、だんだん分かってくると、結構、面白いのです。
うれしいものです。

中国語を覚える過程においても、台湾にビジネスパートナーがいて、定期的に訪問して交流するのが、その動機になりました。
ハングルも同様にと行きたいものです。

つづく

弊社、広報担当の杉沼のブログも宜しくお願いします。
http://dskk.net/staffblog/

posted by 阿部孝博 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。